健康管理も兼ねて、半日断食をしてみました。

40歳を過ぎたあたりから、ジワジワと太り始めました。
それまでは、特に何もしなくても太ることはなく、食べるものにも無頓着にしてきましたが、年齢に伴う体重増加と体調不良が一度に現れてきてしまい、何かをしなければと思いました。
私はアレルギー持ちで、花粉症はもちろん、原因不明のじんましんや鼻炎など、ちょっとしたことで日常生活の質が落ちることが多々ありました。
そこで、ダイエットと体質改善の一石二鳥を狙おうと、以前から気になっていた「半日断食」を始めてみることにしました。
「半日断食」と言っても難しいことはなく、ルールは2つです。
一つ目は、晩御飯は夜7時までに済ませる。
二つ目は、朝食は食べない。しかし、水分補給は意識して取る。
このことで、胃腸を空っぽにする時間を18時間ほど作り、消化器系を休ませてあげることで自己免疫を高めて体質改善が期待できるというものです。
私には、とても簡単でした。
晩御飯は、もともと7時半くらいには食べ終わっていましたし、朝食は食べたり食べなかったりだったので、食べなくても苦痛ではありませんでした。
それを2~3か月続けていると体重がみるみる減ってきました。
57キログラムあったのが50キログラムになりました。
無理せず、苦しくなく、きれいに痩せられたと思います。
体質改善の方は、目に見えては現れませんが、今春は花粉症が軽かった気がします。
これからも、継続してやっていきたいです。

ダイエットは、まず始めてみることが大切です

もともと、食べても太らない体質だと信じていました。
事実、20歳代・30歳代は何も気にすることなく、好きなものを好きなだけ食べていましたが、太っていませんでした。
変化が現れだしたのは、40歳を過ぎたあたりです。
まず、下っ腹がダボついてきて今までのジーンズが履けなくなりました。
次に、二の腕にぷよぷよのお肉がついてきて、半そでのTシャツを着ると目立つようになりました。
ダイエットをしなければと思いましたが、もともと出不精で用事がないと家から出ない性格のため、ウオーキングは絶対に無理だと思いました。
そこで、夫が以前使っていた2キログラムのダンベルを引っ張り出してきて、ダンベル体操を始めました。
実は、産後太りをした一時期、ダンベル体操はやっていたことがあり、私には合っているという好印象があったので、これなら続けられると考えたからです。
毎日、午前中に家事を終わらせたタイミングで、20分くらいやりました。
それだけでは余り効果は無かったかもしれませんが、ダンベル体操を始めたことで意識も変わり、食事の後のおやつを自然に控えたり、買い物に行ったときエスカレーターを使わずに階段を利用したりと、行動パターンも良い方に変わっていきました。
「痩せなくちゃ、どうしよう」と思っているだけでは何も変わりません。
まず、やってみることです。そうすれば、きっと良い方に向かうと思います。